複数の消費者金融からのキャッシングを「おまとめ」するなら総量規制対象外の銀行カードローン

キャッシングの申込みをする際に、気になるキーワードが「総量規制」。消費者金融会社などが従う貸金業法が改正され、総量規制が敷かれるようになってから、多重債務や返済不能な状況に陥るリスクが少なくなってのも事実です。

総量規制とは、年収の1/3を限度とする貸付規制となりますが、実際のところ年収の1/3もの金額のキャッシング、更に複数の消費者金融などを利用をしている状況というものは、毎月の返済を考えると非常に厳しい状況となっていると思われます。最悪の場合、A社への返済の為にB社からキャッシングして対応するなど「自転車操業」状態に陥ってしまわれるケースもありえます。

そんな状況に陥らないため、もしくは脱却するためにおススメの方法。それは、「総量規制対象外」の金融機関を利用して複数の消費者金融会社からのキャッシング総額を「おまとめローン」としてしまうものです。

おまとめローンとするためには、限度額の大きなカードローン契約が大前提となりますが、消費者金融には貸金業法の総量規制が敷かれているため、年収の1/3が最大限度額となります。更に総量規制は1社毎の金額ではなく複数のキャッシングの総額となるので、消費者金融と新たに契約を結ぶことは難しくなります。

そこで考えるべきは、総量規制対象外の「銀行」のカードローン。銀行は貸金業ではないので、貸金業法に従うものではなく銀行法が適用されるので、総量規制に従う必要はないのです。銀行カードローンでは、限度額200万円~300万円ほどまでの申込みの場合、収入証明を不要としているケースも多々あります。安定した収入が得られる定職についているなら、審査が通る可能性は高くなります。申込みの審査過程では本人確認の連絡と同時に、使用目的を尋ねられたりする場合があります。基本的には使用目的を限定しないフリーローンなのですが、ここで「他社からの借換え」であることを明かすもの良い方法です。複数社からのキャッシングを1本化して完済を目指す「おまとめローン」とすることを表明することで、審査が通りやすくなるケースがあるためです。

リスクの高い複数の消費者金融からキャッシングを繰り返す状況から脱却するなら、総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みをしてみることをおススメします。